名古屋で予防⻭科に特化した⻭医者
アバンダンスデンタル名古屋

医院紹介

医院紹介

個室診療スペース

それぞれの治療スペースが完全な個室です。

これにより会話などが漏れることなくプライバシーの保護になります。また同時に隣りの治療スペースからの感染物質などによる飛沫感染予防になります。

歯科用CT

低い被曝線量で見えない組織を3次元画像で見える化し、より診断の精度を高める手助けをしてくれる現代歯科医療に欠かせない診査機械です。

様々なソフトウェアと融合させることで、インプラント治療は勿論、矯正歯科、根の治療などの治療精度の向上や期間短縮に貢献します!

滅菌器 オートクレーブ

歯科治療は唾液や血液にさらされる機会が多くあります。よって厳密な院内感染対策は必須です。

導入のクラスB滅菌器はあらゆる全ての器具機械類をあらゆる全ての感染源から滅菌することが可能な唯一の滅菌器です。ヨーロッパはこのレベルの滅菌が義務付けられております。

当院の感染予防対策について

タービン洗浄機

歯を削るタービンやエンジンと呼ばれる機械は最も汚染される恐れのある機械のひとつです。

しかも構造が複雑なため滅菌することが非常に難しい機械でもあります。この洗浄機は手で洗うことの出来ない部分まで洗浄し、更にメンテナンスまでしてくれる優れものです。勿論洗浄後はクラスB滅菌器で患者さん毎に滅菌済みの物で対応しております。

FAQ

Q1.使用している機器について教えてください。

医療技術やテクノロジーは日進月歩で進化しております、当院は信頼できる最新のものを取り入れる努力を常に行なって参ります。

Q2.マイクロスコープの必要性はなんですか?

歯は小さく、その中の神経の構造は更に複雑で肉眼では見え難いのが現実です、その結果見逃しが起こり再感染、再治療の確率も上がります、極力その可能性を無くすために顕微鏡や拡大鏡で精密に治療することが望まれます。

Q3.ラバーダムとはなんですか?

お口の中は400〜700以上の種類、数にするとおよそ4000億〜1兆個もの細菌が生息してい環境です。しかし根の中は本来無菌状態であるべき場所のため、治療の際は可能な限り無菌的環境でする
ことで当然治療後の経過が良くなります。そのためゴム製のシートで治療する歯のみを露出させ、唾液などを介してお口の雑菌が紛れて根の中に混入しないようにするためのものです。

Q5.感染症の予防など、衛生面で気をつけている点を教えてください。

全ての治療に用いる器材は個別に滅菌または使い捨てで対応しておりますので、ご安心ください

Q6.他院で治療途中でも相談・治療は可能ですか?

なかなか治りが悪かったり、説明不足で納得出来ていない患者さまにも様々な検査機械で多面的に検査しご納得出来るよに時間をかけて診察出来ますので是非ご相談ください

tel.052-453-9110 初診の方WEB予約